なるはやで対処しよう「うつ病を改善するために」

ドクター

周囲のサポートが必須

医師と聴診器

うつ病は気分障害の一種です。長く続く抑うつ気分や悲しみ、不眠、不安感、意欲の低下、食欲不振などが特徴的な症状として現れます。うつ病は特殊な病気ではなく、誰でもなる可能性のあるものです。原因をはっきりと特定することは難しいですが遺伝的要因、生来の性格、ストレスなどが誘因となることがわかっています。治療としては、薬物療法と十分な休養が柱となります。人によっては精神療法を行うと効果的なこともあります。休養をとらせる方法は少し工夫すると本人も納得しやすくなります。うつ病となってしまった人は、治療のために自分だけ休むことに抵抗を感じることもあります。ですが、休養なくしてうつ病は完治しないといっても過言ではありません。自発的に休むとは言いにくく、そのことがストレスとなることも多いので医師からの指示や周囲からの勧めで休むように促すことが重要です。休んでほしいという言い方で頼むくらいでちょうどよいでしょう。どうしても休まらないときは入院も効果的です。

うつ病の原因の一つに脳内物質のバランスの乱れがあります。患者の中には治療のために薬を飲むことに抵抗感を感じる人も少なくありません。薬を飲むと一生飲まなければならないなどと思いこんでいる人もいます。しかし、脳内物質の乱れに対して休養やカウンセリング、精神療法などで治療を行うのは不可能です。そのため、特に治療の初期は薬物療法は必須ともいえます。多くの場合、幸せ感や心の穏やかさを司るセロトニンという物質の分泌が阻害されているためうつ症状がでることが多いです。そのため、セロトニンの分泌を促すような薬を使うことが多いのが特徴です。また、不眠を訴える患者も非常に多いので、睡眠薬を処方することも多いです。しかし、睡眠薬は医師の指導通りに服薬しないと症状が悪化することもあります。眠れないからといって、自身の判断で量を増やすようなことはしてはいけません。また、症状が良くなったからといって、通院を勝手に中止しないようにすることも重要です。